====================================================
  シトラスメールマガジン「柑橘系林檎新報」 118
                          2003.11/25
 ====================================================
 
             今週のシトラス
 
  「Happy Monday」ではない振替休日で、久々の連休をいただいたシトラスで
 ございます。
  個人的には、どこへ行楽に行くでなし、ごろごろしておりましたが、
 テレビを見ておりましたら、2つ程、勘違いをして自分で笑ってしまいました。
 1.「マリファナ」がどうととか、言っておりましたので、密輸か、大物芸能人が
  不法所持で逮捕されたのかと思いましたら、某ビール会社の「毬花」という
  ビールの名前でした。連休だし、たまにはアルコールもいいかと(実は私
  ドクターストップなんですけど...)コンビニで買って来ました。別に
  幻聴が聞こえるとか、そういう効果はありませんが(笑)、毬花(摘みたての
  ホップの事をそういうそうです)の新鮮さのせいか、大変美味でございました。
  この季節限定だそうですので、一度お試しになると、よろしいです。
  ぼーじょれなんとかよりは、価値があると思います。ところが、ラベルを
  見てびっくり。ふりがなが「まりばな」ではありませんか。テレビCMで
  「まりはな」と連呼しているのって....。確信犯????
 2.ニュース番組で「国民の90%以上が反対しています。」とキャスターが言い
  下に「地上波デジタル放送、年末開始」とテロップが出たので、
  「案外浸透してないんだなあ、テレビ買い替えるのかなわんし、古いテレビの
  処分も金かかるしなあ。」と思ったら、それはキャスターのデスクの上の
  宣伝用文字看板で、国民の90%が反対しているのは自衛隊の年内イラク派兵
  のことでした。
    
 ———————————————————————————————————
 
            毒林檎の独り言 118
 
             名古屋の忘年会は
 
  来月14日に開催が迫ってきた、恒例AUGM in NAGOYA/Nov.2003ですが、今回は
 名古屋地区での開催が12月ということもあって、なかなか楽しめるないように
 なっています。
 
  初めてご覧になる方のために、AUGMの紹介ですが、これはApple User Group Meeting
 のことで、全国に広がるユーザーグループが集まって、楽しく話をしたり、親交を
 深めたり、もちろん各企業さんからのプレゼンをしていただき、最新情報をわかり
 やすく紹介してもらったり触ったりできる、そういうミーティングです。
 ユーザーグループを中心としていますが、ユーザーグループに参加していない一般の
 方でも楽しむことができますので、このメルマガを読んでいる方で、ユーザーグループ
 には参加していないよ、という方も、ぜひAUGMの会場には足を運んで覗いてみて
 いただきたいと思います。
 
  一応、Appleのホームページから参加登録をすることになっていますが、もちろん
 当日の飛び込みOKですし、もし、予約がいっぱいになって閉め切られてしまっても、
 当日の参加ができますので大丈夫です。ぜひ会場に来てください。
 
  さて、AUGMそのものは東京、大阪をはじめ、全国で開催されていますが、ここでは
 やはり今度の12/14開催の名古屋会場の御紹介をしましょう。
 名古屋ではATOK16を発表、発売開始したJsutSystemさんをはじめ、Adobeさん、
 マクロメディアさん、そしてAppleさんと、名だたるメーカーさんが新製品を持って
 集結です。
  また、今回はクリスマスバージョンなのか忘年会バージョンなのかわかりませんが、
 会場即売コーナーで、フォントワークスさんとヤノ電器さんがご来場の上、その場で
 いろいろと販売をしてくださるそうです。
 AUGMの規定で、会場即売の場合にはユーザーさんに何らかのメリットがあることを
 条件としていますので、どんなメリットかはさておき、何らかの特典があることで
 しょう。値引きであったり、非売品がついていたりおまけがあったり、その他、
 何があるかはわかりませんが、お財布もって会場に来ましょうね。
 
  また、名古屋では恒例の2次会が、場所を代えて開催されますが、今回は名古屋地区
 忘年会をかねようかなぁ~とお宝鑑定団のDANBO会長が言っているので、もしかすると、
 ジャンケンマッチや景品など、面白いものがあたるような内容が用意されているかも
 しれません。
 
  本年度の全国Mac系大忘年会は大阪で開催とのことですので、名古屋の方は大阪も
 近くてよろしいので、プレで名古屋に出て、本ちゃんで大阪って言うのも、今年一年の
 Mac三昧の締めくくりにはよろしいのではないでしょうか!
 
  きっとその頃には本年最後の週刊Appleの中身が公開されているかもしれません
(ほんとうか?)
 
  年明けにはMacWorldExpo/SFOですし、まだまだしばらくMac三昧ですね。
 
 ———————————————————————————————————
 
             Hot & Cool製品情報
 
 ☆PowerMac G5/1.6GHz/256MB/160GB/SuperDrive ¥199,800
 ☆PowerMac G5/1.8GHz Dual/512MB/160GB/SuperDrive ¥299,800
 ☆PowerMac G5/2GHz Dual/512MB/160GB/SuperDrive ¥349,800
  価格改定で、さらに身近になった、最強・最新シリーズ。
 
   ★KEYSPAN PRESENTATION REMOTE  ¥9,200
  お待たせいたしました。再入荷いたしました。
 
 ———————————————————————————————————
 
              シェフのおすすめ
 
  上にも書きましたが、連休で、暇がありましたので、前から読んでみたかった
 田中長徳さんが毎日更新しているWebの日記を2ヶ月分程、読む事が出来ました。
 古くからのマックユーザーはご存知でしょうが、田中長徳さんは、当時PowerBook
 ユーザーで、MacPower誌に長く連載しておられた写真家です。ライカを始めとする
 クラシックカメラのブームを作った中心人物であり、最近はデジタルカメラの
 世界でも活躍しておられます。連載が終了してから、まだMacをお使いなのか、
 ちょっと知りたくて、もちろんカメラ中心の連載日記を2ヶ月ほど読んでおりますと
 「幸運にもアラン・ケイ(この人が誰か判らない方は、Webで検索いたしましょう)
 と会う事が出来、このご利益で、私のPoweBookもクラッシュしなくなる事だろう」
 と、書いてあったので、「おお、先生今でも...。」と感動いたしました。さらに
 奥様も恵比寿の初心者Mac教室に通い始められた由。
 
  ともあれ、長徳先生のMacPower誌の連載でライカを知った私は、やがてライカ
 オーナーになる事が出来ました。M2もM5も使ってみましたが(これは大変贅沢な事で
 当時いかに私が身の程知らずなお金の使い方をしたか、物語っております。反省)
 結局手元に今も残っているのは、最初に買った「生まれ年のライカ」M3初期型の
 2回巻き上げです。そう、私1954年生まれなんです。この年の秋のフォトキナ
 (カメラの世界のMacExpoみたいなもんです)でライカM3が衝撃デビューしました。
 他に同級生としては、ゴジラ(松井じゃないよ(笑))がいます。
  最近は、現像に出したり、フィルムスキャンしたりするのが面倒で(お金もね)
 友人に5000円で譲ってもらった、型落ちのデジカメの方が活躍していたりしますが、
 フィルムを通さなくても、触っているだけで、心が安らぎます。確実な巻き上げ、
 「コトッ」というわずかなシャッター音(たまちゃんのおとうさんのM4はなぜか
 一眼レフの音がしますが(笑))、機械としての完成度の高さが、私の人生の支え
 です。老眼になった私にとっては、一眼レフよりもオートフォーカスよりもピントの
 合わせやすいのも、ライカを使い続ける理由です。50年前のカメラが、現役なんです。
 
  現在のコンピュータで、今から50年たって現役なものは間違いなくないでしょう。
 50年後のコンピュータがどんなものになっているか、私は見る事が出来ませんが、
 (99歳まで生きる自信はないです)その時代の人々が、半世紀前のコンピュータを
 振り返って、その機械としての完成度を語るとき、話題になるのは、今年2003年に
 登場したPowerMacG5と新型PowerBookG4かもしれないと思います。
 特にPowerMacG5は、リサイクル素材としてのアルミの、ポリカーボネートに対する
 優位性はもちろん、一番音がうるさいのがSuperDriveという、徹底した静音設計、
 蓋を開けるとため息が出る程の、各パーツの美しい配置、同世代のパーソナル
 コンピュータの性能トップに位置し、現実に1100台接続して、使えるクラスター型
 スーパーコンピュータとして、1位(今年も以前紹介した日本製地球シュミレータ)
 とはまだ差があるにしろ、1/20から1/50のコスト(500万$)で構築して、スーパー
 コンピュータランキング第3位に輝いた、恐るべきコストパフォーマンスの高さ。
 100年以上経ってようやくデジカメに追いつかれようとしている、銀塩カメラの
 歴史と比べるには、コンピュータの進歩は速すぎますが、間違いなく21世紀初頭に
 現れた銘機として今回のPowerMacG5は永く記憶されるでしょう。
 
  ちょうど、価格改定がされ、ますますG5とPantherの世界が、身近になりました。
 特に真ん中の機種がDualプロセッサになったのが、「銀の脳」です。1.8GHzと2GHz、
 この差を必要とする(あとビデオカードが違います)CGなどシビアなお仕事の方は、
 もちろん最上位機種ですが、家庭用にお使いのMacがすこし性能的に物足りなく
 なった、ハイエンドMacコンシューマーの皆様や、少しでも導入コストをお下げに
 なりたいビジネスユーザーの皆様には、この5万円の差が重要になって来ます。
 差額でシトラスおすすめのSwissbitメモリを増設出来、ますますPantherが使い易く
 なるからです。もちろん家庭用としては、ローエンドのマシンも値段が下がり、
 SuperDrive搭載ですので、これも最新機の iMac 20インチと選択で迷って当然
 ですが、10万円の余裕がおありなら、dualプロセッサの能力を最大限に生かす事の
 出来る、Pantherのプラットフォームとして、この中間機種がDualになった事は、
 本当に、選択肢の広がった改訂だと思います。なにしろ、Singleプロセッサだった
 前シリーズより、¥5,000高くなっただけなんですよ。オドロキです。
 
 ———————————————————————————————————
 
 シトラス「柑橘系林檎新報」は週1回を目標にお送りしています。
 バックナンバーをシトラスHPに掲載しました。また、お友達で配送御希望の方が
 いらっしゃいましたら、下記URLから登録が可能ですので、是非、教えてあげて
 ください!
 (メールマガジンの配布中止をご希望の方も、お手数ですが同じURLから
  お手続き願います。)
 
 
             株式会社やまきつ テクノポートシトラス
             http://www.yamakitsu.co.jp/
             TEL 052-229-1039  FAX 052-229-1033